金山駅近くにあったプール教室。

今はなくなってしまい残念なんですが子供の頃に金山駅の近くにあったスポーツセンターのプール教室に通っていたた為に以前からなじみのある町でした。

それだけに色々な思い出もある町で40年ほどこの町を見てきて実に面白く楽しい所だなとも気付きました。

地下鉄の駅のコンコースにある昔からある小さな地下街はとても味がありますし、一方では新しい店も次から次へと出てきてお洒落な町の金山というイメージもあります。

金山で1番驚いたことは南口にホテルや美術館が入っている100mを超える高層ビルが出来た時です。

名古屋も今でこそ200m級の高層ビルも目立ちますがその頃はまだ100mを超すビルもそれほどありませんでしたし、以前から人の往来が多い金山駅ではありますが昔の姿を知っている人間にはまさかこの地に美術館が!こんな高い建物が!という思いでしたので。

その南口では若者が弾き語りなど歌う姿もよく見掛けますし、最近では定期的にマルシェも開催されていますし、賑やかで楽しい場所になっています。

このように金山には色々な顔がありふらっと立ち寄るだけでも何だかワクワクしてしまう、自分にとって今はそういう町になっています。